Oracle Academy Cloud Program

クラウド企業からクラウド コンピューティングを学ぶ

Oracle Academy Cloud Program

クラウドを使った無料での授業、学び、探求、構築、および開発が可能です。このOracle Academy Cloud Programでは、Oracle Academyの教育機関会員とその学生が簡単な手続きでサインアップすることで、Oracle Cloud Free Tierにアクセスでき、Oracle Academy会員のすべての特典を利用できます。さらに、教室へのセットアップは1回行うだけで、教職員によるメンテナンスの必要がありません。

教職員は教室での指導および学習にクラウドを使用することで、未来のテクノロジー・イノベータやリーダーを目指す学生を育成・支援できます。メンバーの教職員とその学生の方々は、Oracle Autonomous Database、Compute Virtual Machines (VM)、オブジェクト・ストレージ、データ出力監視、およびその他の重要な構成要素に常に無料でアクセスできます。これらは、Oracle Autonomous Database上でアプリケーションを作成するために必要なものです。

Oracle Academy団体会員は、Oracle Academy Cloud Programを通じて、以下に常に無償でアクセスできます。

インフラストラクチャ

  • 1/8 OCPU および 1 GB メモリを搭載した AMD ベースのCompute VM x 2
  • 1つの仮想マシンまたは最大4つの仮想マシンとして使用可能な、ARMベースのAmpere A1コア X4 および24 GBのメモリ
  • 2 ブロック・ボリューム・ストレージ、合計 200 GB
  • 10 GBオブジェクトストレージ - 標準
  • 10 GBオブジェクトストレージ - 低アクセス頻度
  • 10 GBアーカイブ・ストレージ
  • リソース・マネージャー: 管理されたテラフォーム
  • OCI Bastion 5本

データベース

  • Oracle Autonomous Transaction processing、Autonomous Data Warehouse、Autonomous JSON Database、またはAPEX Application Developmentのいずれかを選択できます。合計で 2 つのデータベースで、 1 つの OCPU および 20 GB のストレージを備えたもの。
  • NoSQL Databaseで、1か月あたり1億3,300万件の読み取り、1か月あたり1億3,300万件の書き込み、1テーブルあたり25 GBのストレージ、最大3つのテーブルを備えたもの

オブザビリティおよび管理

  • 監視:5億件の取り込みデータポイント、10億件の検索データポイント
  • アプリケーション・パフォーマンス・モニタリング: 1 時間につき 1000 件のトレース・イベント
  • ログ:10 GB/月
  • 通知:月あたり100万件がhttpsを介して送信され、月あたり1000件が電子メールを通じて送信されます
  • サービス・コネクター・ハブ: 2 つのサービス・コネクター

追加サービス

  • 柔軟なロード・バランシング: 1 インスタンス、10 Mbps
  • 柔軟なネットワーク・ロード・バランシング
  • 送信データ転送: 10 TB/月
  • バーチャル・クラウド・ネットワーク(VCN): 最大 2 つの VCN、IPv4 および IPv6 サポートを含む
  • VCN フロー ログ: OCI Loggingサービスで共有される月あたり最大10 GB
  • Site-to-Site VPN: 50 IPSec 接続
  • コンテンツ管理スタータ・エディション: 1 か月あたり 5,000 アセット
  • 証明書:5 プライベート CA および 150 プライベートTLS 証明書

また、会員の教職員および学生は、アプリケーションの試作版作成、ノート・パソコンでの機械学習モデルの実行、Oracle Cloud Marketplaceのソフトウェアの試用などに1年間利用できる300米ドルの無償のクレジットを受け取ることができます。

特長

Oracle Academyの包括的なカリキュラムEducation Bytesハンズオン実習によってサポートされているため、教職員や学生は教室でOracle Autonomous DatabaseOracle Cloud InfrastructureCompute VMのすべての機能や、他の必要な基本構成要素を使用して、指導、構築、学習、研究、開発を行うことができます。

  • Oracle Academyのメンバー向けウェブサイトから簡単な手続きでサインアップすると、教育機関メンバーはOracle Cloudコンソールのリクエスト、サインアップ、およびアクセスを行えます。今すぐ参加する
  • 教職員は簡単に学生向けアカウントを割り当てることができ、クラウド環境で授業を開始でき、ソフトウェアやデータベースのダウンロード、インストール、およびメンテナンスは必要ありません。
  • Oracle Academy Databaseカリキュラムは複数の言語で提供されています。
  • 教職員と学生は、ローコードWebアプリケーション開発用のOracle Application Express(APEX)、Oracle Autonomous Databaseで作業するためのSQL Developer Web、機械学習用のSQL Notebook、Webインタフェース用のOracle REST Data Services、最も広く使用されているプログラミング言語に対応したOracle Instant Clientを含む開発ツールに常に無償でアクセスできます。
  • クラウド・サービスを今すぐ開始し、Autonomous Database、Compute VM、Linux、AIやML、情報端末などの最新テクノロジーについて学習したり、SQL、NoSQL、APEX、Java、Node.js、Python、PHP、Rubyなどで開発を行ったりしましょう。

時間や場所を問わず生徒の指導や学習が行えるOracle Cloudテクノロジーを活用しましょう。一度設定するだけで、最新のクラウド・サービスにアクセスできます。メンテナンス、パッチ適用、またはアップグレードも不要なため、時間を節約できます。Oracle Academy Cloud Programには、ブラウザのみを使って教室内外でいつでもアクセスできます。

開始する

すでにメンバーである場合Member Hubにサインインして、すべてのカリキュラムにアクセスします。
会員でない場合いますぐ教育機関のメンバーとして参加し、すべてのカリキュラムやその他の特典を利用しましょう。参加は無料です。