オラクル認定資格

さまざまな業界で認知されている職能評価

競争相手との差別化

大学や大学院に進学する場合であれ、就職、インターンシップ、または昇進を得るために競い合っている場合であれ、自分の知識や技能を示すことができれば、競争相手と差別化を図ることができます。Oracle Academyのコースは、Oracle Universityで提供されるオラクル・プロフェッショナル認定資格に合わせて作成されているため、データベースおよびJavaに関する知識とスキルを、ITプロフェッショナルおよび業界で認知されている資格で実証することができます。

オラクル認定資格は、プロフェッショナルな認定資格です。取得するには、勉強、演習、および試験対策を行う必要があります。確実に取得できるように、まずOracle Academyのコースを修了してから(または同じレベルの知識を身に付けてから)、認定試験の対策を入念に行うことをお勧めします。

Oracle Academyのすべての団体会員は、オラクル認定模擬試験についてKaplan IT Trainingを通じて50%割引を受けることができ、オラクル認定試験の25%割引チケットを受け取ることができます。会員は、会員サイトでホーム・ページまたは左側のメニュー・バーにある「割引」から、これらの特典にアクセスすることができます。団体会員でない方は、こちらから参加してください


Java認定資格

Oracle Academyのコース オラクル認定資格の試験対策オプション オラクル認定試験 取得できるオラクル認定資格
Java Fundamentals
Java Programming*
1Z0-808 – Practice Test:Oracle Java SE 8 Programmer I 1Z0-808 – Oracle Java SE 8 Programmer I Oracle Certified Associate, Java SE 8 Programmer


*Oracle Certified Associate, Java SE 8 Programmer認定資格に必要な知識を身に付けるには、「Java Foundations」と「Java Programming」の両方を修了する必要がありますが、認定資格を取得するには、さらなる学習と練習が強く勧められています。

**このOracle Certified Associate認定資格は、新しいOracle Database SQL | 1Z0-071試験に合格した候補者にのみ授与されます。この試験では職務により忠実に沿ったトピックについて問われ、これに合格するとOracle Certified Associateの資格を取得できます。

***事前にOracle Database SQL(1Z0-071)を修了するか、Oracle Database 12c SQL Fundamentals(1Z0-061)(2019年11月に終了予定)、Oracle Database 11g:SQL Fundamentals(1Z0-051)(2018年4月に終了)、またはOracle Database SQL Expert(1Z0-047)(終了済み)のいずれかの試験に合格している必要があります。


Hardware and Software, Engineered to Work Together