オラクル認定資格

さまざまな業界で認知されている職能評価

競争相手との差別化

大学や大学院に進学する場合であれ、就職、インターンシップ、または昇進を得るために競い合っている場合であれ、自分の知識や技能を示すことができれば、競争相手と差別化を図ることができます。Oracle Academyのコースは、Oracle Universityで提供されるオラクル・プロフェッショナル認定資格に合わせて作成されているため、データベースおよびJavaに関する知識とスキルを、ITプロフェッショナル業界で認知されている資格で実証することができます。

オラクル認定資格は、プロフェッショナルな認定資格です。取得するには、勉強、演習、および試験対策を行う必要があります。確実に取得できるように、まずOracle Academyのコースを修了してから(または同じレベルの知識を身に付けてから)、認定資格の準備を行うことをお勧めします。


Java認定資格

Oracle Academyのコース オラクル認定資格の試験対策オプション オラクル認定試験 取得できるオラクル認定資格
Java Fundamentals
Java Programming*
1Z0-803 Practice Test:Oracle Java SE 7 Pro-grammer I 1Z0-803:Oracle Java SE 7 Programming I Oracle Certified Associate, Java SE 7 Programmer


*Oracle Certified Associate, Java SE 7 Programmer認定資格に必要な知識を身に付けるには、「Java Fundamentals」と「Java Programming」の両方を修了する必要があります。


データベース認定資格

Oracle Academyのコース オラクル認定資格の試験対策オプション オラクル認定試験 取得できるオラクル認定資格
Database Design and Programming with SQL 1Z0-051 Oracle Database 11g:SQL Fundamentals I 1Z0-051 Oracle Database 11g:SQL Fundamentals I Oracle Database 11g:SQL Fundamentals I**
Programming with PL/SQL 1Z0-144 Practice Test:Oracle:Program with PL/SQL 1Z0-144:Oracle Database 11g:Programming with PL/SQL Oracle Database PL/SQL Developer Certified Associate***


**Oracle Academyの「Database Design and Programming with SQL」コースを修了している学習者は、代わりに(または同時に)Oracle Database SQL Expert認定試験(1Z0-047)の試験対策を行い、受験することができます。ただし、Oracle Database SQL Expert試験には、自主学習と自主演習による試験対策が必要になる付加的なトピックが含まれています。

***Oracle Database SQL Expert認定試験、Introduction to Oracle 9i SQL認定試験、またはOracle Database 11g:SQL Fundamentals認定試験に事前に合格している必要があります。


Hardware and Software, Engineered to Work Together