成功事例

Oracle Academyで変革をもたらしましょう

成功の共有

教育とは、教職員、学生、コンテンツのエキスパート、教育機関などが共同で作り上げる体験であると言えます。成功の共有に関する以下の事例を皆さんと共有できることを誇りに思います。

注目の会員をご紹介

1990年代初頭より、Barry Floyd教授は大学および大学院レベルでデータベース管理、システム分析と設計、およびプログラミングを教えています。

Barry Floyd教授、カリフォルニア・ポリテクニック州立大学

注目の会員をご紹介

受賞歴のある数学教師のLuis Armando Bedoya氏は、コロンビアのメデリン近郊でコンピュータ・プログラミングを授業に導入しました。

Luis Armando Bedoya教授、Institución Educativa Rural El Tablazo

注目の会員をご紹介

Ahmed氏は、Oracle Academyのカリキュラムを使用してコースを構成し、学生たちにJavaでアプリケーションのコーディングを行う方法を教えています。

Zubair Ahmed氏、シャヒード・ズルフィカル・アリ・ブット科学技術大学

注目の会員をご紹介

Urem博士は、将来的に経済分野でキャリアを積めるようクロアチアの学生を育成しており、その前途には光明が差しています。

Frane Urem博士、シベニク・ポリテクニック

ニューデリーにあるレディー・アーウィン大学では、Primaveraを使用して、基幹となるインフラストラクチャの計画とスケジューリングに携わることができる女子学生を養成しています。

インドでの開発のニーズによる、スキルを持ったプロジェクト管理のプロフェッショナルに対する需要の高まり

2004年、Reyyan Ayfer氏は女性に対するコンピュータ・サイエンス教育を改善することを目標として、ビルケント大学、コンピューティング分野女性会議を設立しました。

トルコ女性のコンピュータ・サイエンス分野におけるキャリアアップを支援

Kara Lucord氏は当初からコンピューティングをキャリア・パスとすることに関心を持っていましたが、いつか自分がオラクルの社員になるとは思っていませんでした。

Oracle Academyの卒業生がオラクルのデータ・サイエンス研究者に

教師として17年の経験を積んだCarol Guerin氏は、学んだことを現実世界に応用する方法を生徒に示すことの大切さを実感しています。

教師が生徒による教室の外でのコンピュータ・サイエンスの実践を支援

Zach Dinch氏は、家族の中で初めて大学に進学し、コンピュータ・サイエンスの学士号(BSE)取得を目指しています。

学生の成功を後押しするOracle Academyのコース

コロンビアでは今後5年で、ITキャリアの求人条件を満たすIT分野の卒業生が年間8,000~15,000人不足するようになると予想されています。Oscar Elias Herrera Bedoya氏はOracle Academyを活用して、十分な教育を受けたエンジニアをコロンビアの雇用市場に送り出しています。

Oscar Elias Herrera Bedoya氏、ピロート・デ・コロンビア大学

コンピュータ・サイエンスで自己表現できるよう教職員および学生をサポート

夢、創造、イノベーション。

Burdett E. Wilson氏はキャリアに対する生徒の視野の拡大に努めています。

農村地域のための新たなキャリアの創出

注目の会員をご紹介

Yuda Munarko氏とその同僚たちは、Oracle Academyでコンピュータ・サイエンスを学ぶ1,500人の学生を対象としたJavaとデータベースに関するカリキュラムを担当しています。Javaとデータベースはあらゆる背景やスキルを持つ学生たちが学ぶのに適していると考えているからです。

Yuda Munarko氏、ムハマディア・マラン大学(UMM)

Jake Sunday氏はユタ州の高校生で、すでに履歴書に記載できるような見事な経歴がいくつかあります。これまでのSunday氏の最大のプロジェクトといえば、2016年に開催されたJavaOne4Kidsの基調演説者となるきっかけとなったAlice Arcadeです。

プログラミング教育ゲームに変革を起こすと断言する十代の若者のビジョン



Hardware and Software, Engineered to Work Together