ソフトウェア

業界をリードするソフトウェアで重要なスキルを身に付ける

Oracle Academyによって適切なツールが利用可能に

テクノロジー・イノベータとなるには、コンピュータ・サイエンスの知識と実践的なスキルの両方が必要であり、実践的なスキルを身に付けるには、適切なツールを利用できる必要があります。Oracle Academyを利用すれば、それが可能となります。さまざまな業界の数十万人もの顧客、オープン・ソース・ソフトウェア、Java開発環境で使用されている、オラクルのコア・テクノロジーおよびアプリケーション・ソフトウェア・プログラムのライセンスをすべて、個人学習、授業、非営利の学術的なコース、および学位関連の研究で利用できるようになります。


カテゴリ


オラクル・ソフトウェア

個人会員:

Oracle Academy個人会員は、Oracle Technology Network(OTN)経由で多数のソフトウェア・プログラムを利用できます。データベースやSolarisから、開発ツールやエンタープライズ管理用のソフトウェアに至るまで、OTN開発者ライセンスでは、独学目的で完全版のソフトウェアを利用できるほか、アプリケーションの開発および試作版作成を行うこともできます。学生または教職員を問わず利用できるため、オラクルの業界をリードするソフトウェアを無償で体験できるこの機会をお見逃しなく。


団体会員:

Oracle Academy団体メンバーシップ契約では、オラクルの業界をリードするソフトウェアを、教室での授業、非営利の学術的なコース、および学位関連の研究で利用できる権限がOracle Academy団体会員に付与されます。すべてのAcademy団体会員に、さまざまなオラクル・テクノロジー・ソフトウェア・プログラムのライセンスが付与されるほか、承認されたAcademy団体会員には、多数のOracle Applicationsプログラムのライセンスも付与されます。団体会員には、My Oracle Supportを介して、ライセンス供与されているソフトウェアに対するソフトウェアの更新プログラムや技術サポートが提供されます。


Oracle Applicationsプログラム

Oracle Academyでは、すべての会員が実践的なスキルを習得できることを目指しています。Oracle Applicationsプログラムはエンタープライズ・アプリケーションであり、授業で利用する場合でも、正常にインストールして実装するには、技術およびビジネスに関連した豊富な専門知識が必要となります。Oracle Academyから団体会員としてOracle Applicationsプログラムの承認を受けるには、データ・セットにアクセスできる状態であり、使用するApplicationsプログラムのオラクル認定を取得している従業員またはOracle PartnerNetwork(OPN)パートナーと連携する必要があります。


オープン・ソース・ソフトウェア


オラクルは、複数のオープン・ソース・テクノロジーの開発、テスト、最適化、およびサポートを行うために膨大なリソースを投資しています。以下の画像をクリックすると、それぞれのWebサイトから該当するソリューションをダウンロードできます。

  • Oracle Linux

    Oracle Linuxは、ゼロダウンタイムでパッチ適用を行うことができるオープン・ソースのオペレーティング・システムであり、エンタープライズは実際のワークロードを使用した厳格なテストや、オラクルのハードウェアおよびソフトウェア向けに最適化された環境など、Linuxの最新技術のメリットを享受できます。

  • VirtualBox

    VirtualBoxは、エンタープライズおよび家庭用の、x86およびAMD64/Intel64ベースの強力なデスクトップ仮想化製品です。

  • MySQL

    MySQLは、最も広く使用されているWeb用のオープン・ソース・データベースです。異なるインプリメンテーション要件をサポートするために、さまざまなエディションが提供されています。

  • GlassFish

    Java EEプラットフォーム用のオープン・ソース・アプリケーション・サーバーであるGlassFishでは、さまざまなAPIとWeb開発ツールがサポートされているため、開発者はポータブルかつスケーラブルで、レガシ・テクノロジーと統合可能なエンタープライズ・アプリケーションを作成できます。


Java開発環境


開発環境は、ソース・コードまたはプログラムの開発、テスト、およびデバッグに使用する手続き、プロセス、およびツールの集まりです。開発環境では、開発者は一般的なユーザー・インタフェースを使用することもできます。Oracle Academyのワークショップおよびカリキュラムで使用している開発環境を含め、Javaで利用できるさまざまな開発環境が無償で多数提供されています。


Javaは、コンピューティング・スキルが求められる職務において最も需要の高いスキルの1つであり、世界中で900万人を超える開発者が使用しています。Javaは、Internet of Things、エンタープライズ・コンピューティング、およびクラウド・コンピューティングに最適なプログラミング言語であるため、コストの削減、イノベーションの推進、およびアプリケーション・サービスの向上につながります。


以下の画像をクリックすると、それぞれのWebサイトから無償で利用可能な開発環境をダウンロードできます。今すぐJavaスキルを身に付けましょう。

  • Alice

    カーネギー・メロン大学で開発されたAliceは、学生が3Dアニメーションを作成しやすいようにドラッグ・アンド・ドロップ・アプローチを使用した革新的な教育用プログラミング環境です。学生が初めて触れるオブジェクト指向プログラミング環境として設計されたAliceは、8~22歳の幅広い学生に適しており、年間のダウンロード数は100万回を超えます。

  • Netbeans

    NetBeansは、オープン・ソースのIDEです。デスクトップ、エンタープライズ、Web、モバイル・アプリケーションを作成するのに必要なツールが含まれていおり、Javaのほかに、C/C++、PHP、JavaScript、Groovyなどを使用できます。

  • Greenfoot

    ケント大学とラ・トローブ大学で開発されたGreenfootは、Aliceなどのドラッグ・アンド・ドロップ環境から純粋なJava環境に移行する初級者に有用な環境で、後からBlueJ、NetBeans、Eclipseなどの高度なJavaツールに移行するのも容易になります。

  • Eclipse

    Eclipseは、大部分がJavaで記述されているオープン・ソースの多言語ソフトウェア開発環境で、IDEと拡張可能なプラグイン・システムで構成されています。Javaのほか、プラグインを使用することで、Ada、C、C++、COBOL、Fortran、Haskell、Perl、PHP、Python、R、Ruby(Ruby on Railsを含む)、Scala、Clojure、Groovy、Android、Schemeなどでアプリケーションを開発する場合に使用できます。

  • BlueJ

    BlueJは、世界で最も広く使用されている教育用Javaツールで、ユーザー数は1,000万人を超えます。BlueJは、高いJavaの基本スキルを持った、大学レベルのコンピュータ・サイエンス専攻の学生を対象に設計された統合開発環境(IDE)です。


Hardware and Software, Engineered to Work Together