Oracle Java

1回記述すれば、どこでも実行可能に

世界一のプログラミング言語、Java

20年経った現在も、Javaは依然として最も革新的で強力なプログラミング言語の1つです。世界中で900万人を超える開発者に使用されているほか、テクノロジー関連の職務において、最も需要の高いコンピューティング・スキルとして至る所でその名が挙がります。

Javaは、事実上すべてのネットワーク・アプリケーションの基礎となっています。新たに普及しつつあるビッグ・データも、もともとはJavaの存在により生まれたものであるほか、Internet of Thingsもその大部分がJavaデバイスで構築されています。現在のコンピュータ・サイエンス教育課程では、オブジェクト指向プログラミングとJavaが不可欠となっています。

あなたはJavaを使いこなせますか?


トレーニング・イベントの確認

Oracle Academyの教職員向けのトレーニング・イベントから、学生向けの「Code Together」ワークショップまで、Oracle AcademyはJavaに対応しています。Javaプログラミングのハンズオン体験を得るための入り口として、Oracle Academyのイベント・カレンダーをお役立てください。


カリキュラム

Oracle Academyは、コンピュータ・サイエンス教育を推進することを使命としており、継続的なJavaの教育カリキュラムを提供しています。初級学習者は、AliceやGreenfootのドラッグ・アンド・ドロップ・インタフェースを使用してJavaを始めることができるほか、上級レベルのプログラマは、NetBeansを使用してJavaの構文を深く掘り下げて学習したり、NetBeansのハンズオン体験を得たりすることができます。Oracle Academyでは、Javaの全コースをご自分の学習プログラムに組み込むことを希望する団体会員の教職員向けに、フルコース・カリキュラムや教職員向けのトレーニングを提供しています。また、個人学習者向けに、AliceとGreenfootに関する無償の独習コースも提供しています。


テクノロジー

現代のコンピューティングにおけるJavaの普及を考えた場合、Java Embeddedenterprise Javaなど、さまざまなJavaテクノロジーが提供されているのもうなずけます。これには、Java開発プロジェクトを支援するJava Development Kit(JDK)やJava Runtime Environment(JRE)、幅広いJavaリソースを提供し、広範なJavaコミュニティと簡単につながることができるOracle Technology Networkなどが含まれます。

難易度の低いものから順に、AliceGreenfootBlueJNetBeansなど、多数の学生向けのJava開発環境(JDE)も提供されています。これらのJDEは無償で利用できるため、Javaのプログラミング・スキルを身に付けることに関心がある学習者は、すべてを体験してみることをお勧めします。


学習リソース

Oracle Academyの「オラクル・エキスパートに質問」シリーズでは、Javaを含む、さまざまなテクノロジー・トピックに関する情報を提供します。ダウンロードやオンデマンド学習向けにアーカイブされている、1時間にわたるウェブキャストや、短いPodcastを組み合わせて聴講することで、学生と教職員はともにJava、クラウド・コンピューティング、Java ME Embeddedを使用したスマート・ホームなどのトピックについて学ぶことができます。「オラクル・エキスパートに質問」シリーズは毎月配信されているほか、ウェブキャストはライブ収録されています。ぜひご参加ください。

JavaOneは、世界中のJavaのエキスパート、開発者、プログラマ、ファンなどが一堂に会する、年に1回開催されるカンファレンスで、Java関連の最新のイノベーションが取り上げられます。また、コミュニティ基調講演は、さまざまな業界、アプリケーション、および組織で活用されているJavaについて学ぶ機会でもあります。18歳以上の学生向けに、JavaOneの無償の入場許可証も限定数用意しています(入場時に学生IDを提示していただきます)。

オラクルおよび広範なコミュニティで、Javaの知識を深めるのに役立つ膨大な数のリソースが提供されています。さまざまなホワイトペーパー、記事、およびビデオを参照し、知識の向上にお役立てください。


Hardware and Software, Engineered to Work Together