成功事例

ペンシルバニア州立大学エリー校

米国

ペンシルバニア州立大学エリー校、Oracle Academyを使用して現代のビジネス・リーダーの育成を支援

ペンシルバニア州立大学エリー校ベーレンド・カレッジのブラック・ビジネス・スクールでは、実際のプロジェクトを使用して教室での教育を強化しています。同校は、産業プロジェクトやインターンシップから実際の事例や新しい投機的事業への参画まで、さまざまな学習体験を提供しています。Oracle Academyとのパートナーシップは、テクノロジーをビジネス教育に組み込むのに役立っています。オラクルのエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソフトウェアは、業界をリードするソフトウェアです。オラクル・システムに関する知識を取り入れることで、ペンシルバニア州立ベーレンド大学でビジネスを専攻する学生は、就職時に競争上の優位性を得ることができます。

Melissaによる写真(上図)。Creative Commonsの表示2.0一般ライセンスに基づいて利用可能。


卒業後の世界に対応できる学生の育成支援



オポチュニティ

ペンシルバニア州立大学エリー校ベーレンド・カレッジのブラック・ビジネス・スクールは、学生の実践的な学習を充実させることで、卒業後の就職活動に学生をしっかり備えさせたいと考えていました。

解決方法

Oracle Academyとのパートナーシップにより、ペンシルバニア州立ベーレンド校の学生は、Oracle E-Business Suiteソフトウェアを使用して学習することができます。このソフトウェアは、既存のコースおよび実際の業界の状況に即した学生プロジェクトに組み込まれています。

メリット

ペンシルバニア州立ベーレンド校のビジネスを専攻する学生は、インターンシップや内定を得ることができた理由の1つに、Oracle Academyによって身に付けたOracle e-Business Suiteに関する知識や応用能力を挙げています。


Oracle Academyとのコラボレーションにより、ペンシルバニア州立ベーレンド大学の学生には、世界中の企業および組織で使用されているOracle E-Business Suiteソフトウェアについて学習する機会が提供されます。ベーレンド大学では、実際に使用されているOracle E-Business Suiteに触れることができ、Oracle Academyによって提供されたオラクル・トレーニング教材を利用できます。これらは、いずれも同大学の既存のコースおよび実際の業界の状況に即した学生プロジェクトに組み込まれています。学生は、Oracle E-Business Suiteソフトウェアの使用方法や、エンタープライズ・リソース・プランニング、一般的なビジネス・プロセス、および経営理論との関連について学習することができます。
 

実践的なトレーニングの獲得

Oracle Academyのツールは、学生の学習を充実させ、卒業後の就職活動に学生をしっかり備えさせる点で役立ってきました。これまでペンシルバニア州立ベーレンド大学の多くの学生がOracle e-Business Suiteの概念に関する知識や応用能力のおかげでインターンシップや内定を得てきました。このような “実践的な” 学習機会は、就職後にスキルの価値を発揮できる多才な卒業生を育成するうえで非常に重要です。学生は次のように述べています。

「職場では、SQLクエリーを毎日記述する必要があります。ペンシルバニア州立ベーレンド大学の授業で受けたOracle Databaseの経験が非常に仕事に役立っています。」

「私は、現在、財務インターンとして大規模な多国籍企業に勤めています。ここでは、オラクルを毎日使用しています。このような環境であるため、オラクルの経験が貴重な資産となっています。」

ペンシルバニア州立ベーレンド校のブラック・ビジネス・スクールは、学生、学部、分野、および業界の垣根を越えたコラボレーションを構築および活用できる革新的な学習環境を作り上げ、将来のビジネス上の課題を卒業生のチャンスに変えることによって、ビジネス教育のリーダーとして成長を続けています。
 


Hardware and Software, Engineered to Work Together